リンク、コメントはお気軽に。リンクのさいはコメント欄に一言お願いしますねー^^


by radius-kenji

コミュニケーション

人と接すると必ずコミュニケーションが問われる。
自分のインチャの癖も、思い込みも、人と接してこそ現れると言う物。
ここ数週間それを散々、具現し見て感じて、凹んでいた(笑)

カレッジのミーティングも近付き、気分は重く(笑)
自分のインチャの癖でもある、無視する行為や閉じこもる行為が多々多発。
自分の場合、無視や閉じこもると言う行為は目に見える形ではなく。
心を閉ざすと言う余りにも厄介な行為である。





培ってきた接客根性だけは生き続けているので、対外面に関しては
それほど悪影響は及ぼさない所がこれまた、自分自身さえも欺く。

だもんだから、自分がそういう状況の時に、インチャの琴線に触れる事があると
そこからエゴが波及する。もう傍で見ているより、自分自身の心の中は
自分自身でも整理が付かないほどグチャグチャになる。

いつもは理解できる話でさえ、おぼつか無い(笑
この状況になると、だいたい、僕の口は2センチほど開いている。

過日、京都の仲間とスカイプにて、ラブカードセッションをして貰った時
一緒に聞いていた久美さんがこんな事を言った。

「誰もがあだっさんの事を、優しいとか言うのは、なんか違和感がある」

と。っととと。

これは痛い(笑)
そう思われようとは当人これっぽっちも思ってはいないのだが。
その時のセッションで出たカードに
【愛のフィルターでで見る】
と言うのがあった。
このカード自体は自分でカードを引いていても
良く出るカードであったのだが、一つ、思い違いをしていた。
いや、視点が一つ足らなかったのかもしれない。

僕は、愛の視点で世界を、廻りを観る事だと思っていたのだが
どうやら違ったようで。
それも大切な事なんだろうけれども
まず、愛のフィルターで見なけりゃならんのは
   己自身じゃにゃいの
っちゅー事ですよね(笑

それが全然出来てません。
つか、その方法やらどうしていいやらが良く解りません。
っと言う事が良く解った。

結局、対外的な物に愛とか優しさを振りまいていたのは
自分自身に対する、保障行動でしかなかった訳です。

簡単に言うならば、
【僕はコレだけ皆に優しくしているのだから、僕にも優しくしてちょうだい】
って事。
これ、もっそい押し売りですよぉ。
コレならいっそ神社仏閣でお賽銭を投げ入れ
心ひそかに
「オレダケニサチアレ」
っと心の中でにんまりしている人の方が
よっぽど素直だし、わかり易い。

絡まっちゃったなぁ、俺(笑

それが3次元という所でも有る訳で。
地球の引力に引かれちゃったわけだ。

そんなこんなで、去年の11月頃から、カレッジで言われている
【受容】とか【聞くこと】
と言うのが、微妙に自分の中で空回りしている事の
謎が解け始めた。

コレを書くとドン引きされそうだけども。

僕自身が聞くことと言うのは
先に書いたように
【優しくしたのだから、優しくしてね】
と言うのが土壌にあるものだから
相手の話が、エゴやインチャが絡まっている時に
僕自身が攻撃をかけられていると、思い込み
聞いているようで、実は聞いていないと言う事が
このたび、発覚いたしました。
聞いていないだけならまだしも
挙句の果てに
その攻撃だと思っている言葉に対し
応戦している事も多々あると言う事が芋ずる式に発覚いたしました。



いや、


ほんとに
















どうも、すみませんでした。




















昨夜、ぴろっと開いた本のページにまさに!!
と言うような一文が載っていたので抜粋。

以下抜粋
【過ちはエゴの発するもので、過ちの訂正はエゴを放棄する事にある。                    
 貴方が兄弟を訂正する時、「彼は間違っている」とあなたは彼に告げる。                  
 その時点では彼のやっている事は、意味をなさないかもしれない。                    
 彼がエゴのスペースから話しているとすれば、彼が意味を成さないであろう事は確実である
 でも貴方のやるべき事は、彼は正しいと彼に告げる事である。彼が思慮を欠いた話をしているならば、
 この事を言葉で彼に伝えるべきではない。彼は別なレベルで訂正を必要としている。          
 と言うのは、彼は別なレベルで犯されているからである。しかし、彼はそれでも正しい。         
 何故なら、彼は神の子であるから。】
by コース

最後の【神の子だから】と言うのを誤解無く書くならば
【彼はスピリットだから】と言い換えられても良いのかな。
[PR]
by radius-kenji | 2007-03-15 14:39 | 自己探求