リンク、コメントはお気軽に。リンクのさいはコメント欄に一言お願いしますねー^^


by radius-kenji

以前、自転車屋をしていた(笑
自転車と言うのは殆んどの人が乗れるだろうし
もの凄く身近な道具の一つでもあると思う。

道具と言うのは不思議なもので
その人の使い方とか、癖の様な物がアリアリと顕れたりする。

自転車にもその傾向は往々にしてある訳で。

タイヤを見ればその人がマメな人か大雑把な人かわかるし、
ブレーキを見ればその人の用心深さ的なものも解るし。
修理の内容を聞けばその人の性格は殆んど解る。
タイヤが減るのが早いのかブレーキが減るのが早いのかで
その人の勢いミタイなものも解る。
自転車の修理の依頼の仕方でもその人の性格が出るし
物に対する思いも解る
16歳から今に至るまで自転車屋を続けてきた副産物。
自転車リーディングだな(笑



e0101057_32737.jpg







旅をすると言う事は簡単に言えば移動すると言う事。
その距離は相対的なものではなく、自分自身の中での出来事であると思う。
20代の頃旅に明け暮れたことがあった。
北海道も一ヶ月くらいウロウロしていた。
九州にも20日間ウロウロしていた。
その過程は民宿などには泊まらず全て野宿で過ごした。
ポリシーがあった訳ではなく。金が無いから野宿だった。

北海道ではバス停に屋根がある所があって其処で一晩過ごした事がある。
木で出来たベンチに寝転がって夜が明けるのを待っていた。
朝起きたらダニにかまれて全身痒かった。

バイクで回っていたので林道を走り山の中の林道の終点などでテントを張る。

九州、熊本の山中で夕方キャンプの場所を探していた時
なかなか良い場所が見つからず山の中をうろうろしていた。
同じような山の中でも良いと思う場所と悪いと思う場所と言うのが
僕の中ではある。
場所を外すと嫌な夢を見たり寝付けなかったり
テントの外に誰か居るような気がしたりする。
良い場所と言うのはテントの外でも寝れる場所。
場所選びが的確になると
テントも張らず、寝袋だけで寝ていた事も多い。

そういう場所で横になっていると本当に気持ちが良い。
自然の中に居ると言うような感覚ではなく
自然の一部だと言う事を思い出させてくれる。

その日は何だか気分が乗らずにビバークの場所が
なかなか決まらないでいた。
走り続ける事小一時間。三つ目の山の中でその場所があった。

その林道の行き止まりは崖だった。
崖と言うほど切り立った場所ではなかったけれど。
言い表す言葉が見つからない。

阿蘇山がその先に見える。
林業が盛んなその地では珍しく、自然の木が残る不思議な場所だった。
でもその自然林も近い内に切られてしまい杉が植えられるのは時間の問題。
僕が通ってきた林道は林業の作業道でもありその途中は
ずっと伐採されていたからだ。

その崖に立ち暫く景色を眺めていた。
日も沈みかけ薄暗くなった頃、風が見えた。

ゴォーっと言う雷鳴の様な音が崖のしたから聞こえた。
その音の方を見ていると下の方の木が揺れている。
その木のゆれがだんだんと僕の方に上がって来るのが見えた。
もの凄い音とともに。
今でもあの不思議な光景は覚えている。
それは風が上がって来てる音だった。
木や植物が風の勢いを抑えながら徐々に昇ってくるのが
木が揺れていることで見えるのだ。
その風は僕を吹き付けて空に昇って行った。

当時の色々なしがらみやら、もっさりとした思いやら
全て持って行ってくれたような風だった。

僕が自転車が好きな理由の一つに
風を感じられると言うのがある。
その風は自分の力で走る事によって生まれる。
それがとても気持ち良い。

エネルギーワークをする時間が無い時など
通勤の時の自転車の上で風でオーラを洗うイメージを
する事がある。
これが結構気持ちイイ(笑
そんな時はいつもあの時の見えた風の事を思い出す。

先月、横浜カレッジの時。
お金の事でココロがざわついていた。
カレッジの始まる前の時間に
風を感じながら木を感じていた。
カレッジの行われる場所は高台にあって
木も多く良い風が吹く場所。
この場所が僕は凄く好きだ。

戻ると蓮さんが居て、
「木に調整して貰ってたの?」
と聞かれた。
僕はそんなつもりも無かったけれども
まさにそうだと思った。

実は僕の通勤路には2箇所ほど
僕のお気に入りの木がある所がある。
一つは神社。
もう一つは街路樹。
この街路樹は広い歩道を挟んで植えられていて
その歩道10mほど行った真正面に植えられている。
ココが凄く気持ち良い。
身体がしんどい時などはへばりつくようにしている(笑

誰もが経験があると思う。
疲れた時など自然に癒されると言う事。
でも、人間も自然の一部であると言う事を思い出せば
自然に頼らなくとも自分で自分を癒すことも出来ると思うし
自然のように他の生き物に気を使って生きなくとも良い訳で。

自然で居ると言う事
自分を愛すると言う事。
もしやして同じ事なのかな。
[PR]
by radius-kenji | 2007-04-21 03:05 | 思っ(た)てる事